2007年10月15日

青木盛久元大使

先週宣伝させて頂いたDSI講座に行ってきました。


この講座は元ペルー大使の青木盛久先生を
佐渡にお招きし、講演をして頂くものです。

aokishi.jpg

それにしてもさすが外交官!

頭のキレは抜群です。


先週末はずーっとDSIメンバーでつきっきりで青木先生のお供をし、
講座の準備や懇親会、2次会等色々と青木先生の
お話を聞く機会がありました。


この先生はやはり只者ではありません。

もうすぐ70歳になられると言うのに
はきはきとしゃべるし、説明がお上手!!

おまけに合間合間にジョークを入れて笑いを取るし、
質問には的確に答えるといった、
私から見ればまさにスーパーおじいちゃんといった感じです。


講座の内容は11年前のペルーの日本大使で起きた、
日本大使公邸占拠事件の内容です。
当時、ペルー特命全権大使、つまりペルーの日本大使で一番偉い人だった青木先生は
日本大使館が占拠されてから激動の127日間の人質生活を語ってくれました。

当時の総理大臣の橋本総理や、当時のペルー大統領のフジモリ大統領との連絡のやり取りや、
300人以上の人が一気に共同生活をするようになった様を
とても丁寧にわかりやすく説明して頂きました。

この辺もやはりさすがだなと痛感しました。



途中、講座を聞きに来たお年寄りのお客さんが貧血をおこしてしまって、
ホストである我々DSIは一時はどうなる事かと心配しましたが、
そのお年寄りも横になったら回復してくれて一安心しました。

(そういったハプニングがこれからの教訓にもなります)



その講座の翌日は今度は佐渡観光協会主催で、
「グローバリゼーションと佐渡」というテーマで、
いかに佐渡に外国人の観光客を呼ぶかというお話をして頂きました。


それにしても青木先生は佐渡に来たのは今回が初めてで、
佐渡に来島した初日にちょっと佐渡を周られて
観光地を少し訪問しただけなのですが、
佐渡観光のダメな部分をズバリ言い当てて
どう変えていったらよいか等のことを説明して頂きました。

この講演は相当面白かったです。


私も佐渡のお酒を海外に販売することを目的としている関係上、
相当佐渡の酒.comにとっても関連してくることだと思いました。

本当に青木先生様々です。


講座の夜は懇親会と2次会で青木先生と一緒に飲む機会もあり、
佐渡の酒.comの海外進出についても相談することができたし、
懇親会では佐渡市長や、観光協会会長、鼓童の事務局長にも合ってお話しできたし、
とっても有意義な週末を送ることができました。


DSIの活動も最近さぼりがちですが、
こう言った大規模なイベントもホストするので
もっと積極的に参加しないと!!

↑自分に言い聞かせてます・・・


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by ペー at 15:08 | 新潟 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | DSI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの事件からもう11年経ったんですね…
戦争が始まるのではないかと、内心びくびくして
いたことを思い出します。それにしても、やはり
国の顔として数々の他国との修羅場を経験されて
来ただけに、聞く人の心を掴んで放さないのでしょう。。。ぺーさん、良い機会に恵まれましたね! それと、もちろんスタッフの皆様いろいろ
考えて準備されていることと思いますが、お年を召した方、病気のある方など、さまざまな方が
お出でになる講演会などでは、一応救急蘇生法の講習を受けた方がスタッフの中にいらっしゃると
心強いかもしれませんね?あれ!?ぺーさん船の
免許取ったから、講習も受けてますよね〜?
失礼しました!! ほら、これも老婆心と言うことで聞き流して下され。。。
Posted by ソナチネ at 2007年10月15日 21:42
>ソナチネさん

的確なアドバイスありがとうございます。
確かに今回の件で教訓になりました。
一応DSIメンバーに看護婦2名がおりますので、
応急処置の心得はあります。

私の場合は実は船舶免許でも習っていないので
わからないです。
この辺はちゃんとしなきゃと思います・・・

まー講演をホストするという関係上、
酸素ガスや、緊急用医療グッズの購入も考えています。

佐渡の発展と共に今後のDSIの活動もがんばっていきますよ〜
Posted by ぺー at 2007年10月16日 09:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。