2006年12月13日

A4用紙の秘密

最近、仕事が忙しくなってきました。

今年の年末年始は1/8まで休むぞexclamation
と言うことで、今から年末まで大忙しです。

でもって最近残業が続いており、
帰宅するのは深夜0時を過ぎている日々が続きます。

昨日は帰ってすぐ寝ようとしたら、
次の日はいて行くパンツがないことに気付き、
そのまま洗濯作業が発生もうやだ〜(悲しい顔)

2時間後やっと洗濯・乾燥作業終了と思い、
ふとテレビをつけてみたところ、
たけしのコマネチ大学数学科」たる番組がやっておりました。
(新潟では火曜日の深夜にやっているようです)

これがすごく面白い!
これからは毎週見なけてばいけません!

さて、昨日は「紙を数学的に三つ折りにする方法」を
やっておりましたが、その説明の際に新しい発見がありました。

A4用紙の比率は1:√2」になっているそうです。

普段A4サイズの用紙を何気に使っており、
あまり大きさについては懸念したことはなかったのですが、
改めて理由について知りたくなります。


1:√2と言う比率はまさに美しい数学的理論で、
いくら半分に折っても1:√2の比率もままなのです。

そしてA4は何故A4かと言うと、
そもそも「A0」と言う単位があり、これは面積(つまり縦×横)が1uになっているとの事。
そして「A4」とは「A0」を4回半分に折ったものだと言うことです。


へぇ〜〜〜新月
ひらめき
確かにA3用紙ってA4が2枚分exclamation



ちなみに「B5」は「B0」の面積が1.5uになっていて
それを5回半分に折ったものとの事でした。



いやーーー
深夜にかなりの勉強になりました。

おかけで今日の仕事は眠くて思い通りに進みませんでしたが・・・



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by ペー at 14:16 | 新潟 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。