2010年08月15日

佐渡汽船にはがっかり・・・

おかげでお盆は佐渡に渡れませんでした。


金曜日の夜に佐渡に渡ろうとしましたが、
全く渡れずじまい・・・

18時の船に乗ろうとしたら「欠航」ですって。

天気は晴天。波は全く無い。
この状況で「欠航」の文字には驚きました。


なんとこのお盆の時期に船がエンジントラブルで欠航ですって。


一年で一番佐渡汽船が利用される時期にこんなトラブルがあっていいのでしょうか?


TOYOTAじゃないけど、品質が良くないんですよね〜〜〜


まっそこはこらえて、一度戻り、
今度は21時の船で帰ろうとしたところ、
2時間30分の遅れですって。


これじゃ佐渡着くの深夜の3時じゃん・・・


さすがにチケット売り場の人にキレちゃいました。



まっキレてもどうにもならない事はわかってるんですけどね。

腹が立つのはこの時期にエンジントラブルで、
全くあせってない事ですね。

接客の対応も全くなっていないのもまた、腹立たしい。


「船が一台しか走ってないので2,3時間は遅れちゃいます」

って平気な顔で言われちゃいました。

んで
「もしかして今日だけじゃなくてこのお盆の時期、毎回送れる可能性も?」


「ありますね〜」ですって・・・


腹が立ちすぎてしばし無言になっちゃいました。

その後結構長い事説教してやりましたよ。


こんな感じで遅れるようであれば、
帰らないほうが良いと判断し、
一人新潟で過ごしているのでありました・・・


以上、愚痴でした・・・



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by ペー at 11:01 | 新潟 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 佐渡Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は往復で7時間待ちました。佐渡汽船の社員は自身が被害者のように慌てふためき、待っている人の事は考えてない。待っている船が出港したのかあと何分で着くのか逐次、待合室やHP(特に)でアナウンスするべき。こんな時待っている人は情報がほしいのに。夜中に待合室に居ても誰、一人状況説明に来ない。申し訳ないとは思ってないようだ。こんな事があっても、どうせ佐渡汽船使うしかないという感覚だから危機感がない。これで市民、県民にリスクを負わせた新造船に拍車が掛ったら、何も変わらず得するのは佐渡汽船だけ。今回も旅館は大打撃だけど、ジェットフォイルも満席になり待合室の飲食が増え、売上減っても利益率上がって損してないのは佐渡汽船では?待合室に臨時弁当屋台出してるし、待ちくたびれてやっと体を休める客からいつも通りに毛布代取るは・・・感覚疑う。待ってる人が脱水症状を起こさないように飲料水を配備するとか扇風機置くとか・・・経営幹部には誰一人、客の体調を心配する人がいないようだ。
Posted by at 2010年08月16日 07:49
お〜〜〜

私以外にもやっぱり賛同してくれる人がいました!
ありがとうございます〜〜〜〜

やっぱり佐渡汽船の接客には本当に信じられません。
思い出すと腹が立って、いてもたってもいられなくなります。

社員教育等全くできていないのが残念です。


県外から来たお客さんには
私が、申し訳なく思ってしまうくらいです・・・
Posted by ぺー at 2010年08月16日 08:39
私も、佐渡汽船の情報の共有と伝達体制が悪いのにかっかとしてしまった一人です。
普段、大きなトラブルもなくこれまでやってこれたのがラッキーとしか言いようがないでしょう。

だから、社あげて危機管理体制ができていないし
甘さがあったんだと思います。
佐渡市民として迷惑をおかけした観光・帰省客の皆さんにお詫びします。

ただ自己弁護に聞こえるでしょうが、佐渡には
沖縄に通じる島独特の時間が流れて、沖縄タイムならぬ佐渡タイムですが、これはこれでいい所もあります。がしかし、不況と経営難の今、このやり方ではいつまでも赤字お荷物会社で早晩やってけなくなり、佐渡観光はますます減少するでしょう。

大事なのは、今回のような故障が前もって
察知できなかったのか、まったくの突発的故障で
不可抗力だったのかそのあたりをきちんと検証する必要があります。

佐渡汽船、佐渡市、新潟県はことの重大さを
真剣に認識し、佐渡観光に=島民の生活にどれだけの損害を与えたかを考えるべきです。
800人からの宿泊キャンセル等、島に与えた
経済的打撃は半端なく大きいという事、それをどう責任をとるかが、経営陣、役人、市・県会議員らが早急にとるべき行動です。
Posted by ゴンタ at 2010年08月17日 23:57
>ゴンタさん

コメントありがとうございました!!

もっともな意見です。


佐渡に流れる、いわゆる佐渡タイム。
私も佐渡人であり、その佐渡タイムはとっても良いと思います。

しかし、それは佐渡島内の中だけの話で、
佐渡汽船のように、殆ど当該からの接客業となれば話は別だと思います。

その辺の認識はちゃんとしてほしいところです。


実は昨日の21時の船で帰ってきたのですが、
その際に切符売り場の人に、「修理は何時までかかるの?」と聞いたところ、10月いっぱいまでかかっちゃうとのことでした。

それって、新しい船買った方が早くて安いんじゃないの?
って聞いたら「もしかしたらそうかもしれないです」
だって・・・


たぶん新しく買うことは無いと思いますが、
もっと利用客の事も考えてほしいところです。
Posted by ぺー at 2010年08月19日 08:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。