2009年09月25日

モンサンミッシェル

フランスといえば日本人の世界遺産行きたいところ第2位のモンサンミッシェルがあります。

因みに第一位はマチュピチュらしい。


兼ねてから私の嫁さんが毎晩のように「モンサンミッシェル」と
叫んでいたので、今回の旅行の目玉にしていました。

調べていると結構な割合でみなさん日帰りコースにしているようでしたが、
ここで一泊してゆっくりと景色眺めるのもいいのではないかということで、
モンサンミッシェルの近くでホテルを予約し、世界遺産を堪能する計画です。


さて、この日は午前7:05モンパルナス駅出発のTGVに乗って
レンヌ駅まで行きます。その後レンヌからバスに乗ってモンサンミッシェルまでと
全部で4時間のコースです・・・

先ずはレンヌ行きのTGVに乗車です。

honymoon6_1.jpg


前々からチケット購入していたのですが、
駅にはこのTGVに乗るための改札がなく勝手に乗車できます。

どうやら乗車してから駅員がチケットを拝見するというシステムらしいです。


9:08にレンヌに到着し、駅を出て右側に行くとすぐバス停があります。
バスのチケット売り場はあったのですが、
チケットはバスの中で買うらしいです。

このバスのチケットは前々からネットで予約しようとしていたのですが、
ネットではどうやら販売していないから変だな〜
と思っていたのですが、どうやらそういうことだったんですね。

後で聞いた話はどうやらモンパルナス駅でこのバスのチケットが買えるらしいです。


さて、バスに乗ると嫌な予感が的中です!

なんと乗客の半分以上が日本人。
いや、自分たちも日本人だけど・・・
これじゃ海外旅行って感じしないですよね〜〜〜


本当に日本人に人気のスポットらしいです。
こりゃ現地行ったらもっと日本人いるんだろうな〜
なんて思いながらバスで寝ていました。


さて、バスも到着間際、ふと目覚めると
何かネット見たことのある風景。
ホテルとレストランがあり、まさしく私が予約したところ!
ネットで何回も確認済みです。

バスが止まって運転手が「降りる人?」と聞いてきます。
あれ?まだモンサンミッシェル見えてないんだけどな〜
とか思いながら手を上げてバスから降りました。

バスから降りた時に運転手から
「モンサンミッシェルはここからすぐだから歩いて行けるよ」
って言われたのでとりあえず、スーツケースをそこにおいて
ちょっと走ってみたら本当にすぐそこにありました!

honymoon6_5.jpg


うお〜〜〜

すげーーー



てか、バス降りてて良かった〜

降りてなければそのままモンサンミッシェルふもとまで行って
またスーツケース持ってホテルまで戻るという大惨事を招くところだった〜〜



とりあえず、ホテルにチェックインします!


その時まだ午前11時ごろだったので、
まだ部屋が用意できないとのこと。

そりゃそうだ!

とりあえずスーツケースだけ預かってもらって
モンサンミッシェルへGO!!


へっへっへっ俺は知ってんだぜ。
ホテルで自転車貸し出しててモンサンミッシェルまで行けるんだろ?


そのぐらいはネットで調べてあるので聞いてみたところ、
貸出可能でした!!


やったーー(4時間8ユーロですけどね〜)


ホテルからはモンサンミッシェルまで約2キロあるので
自転車がちょうどいいですね〜〜〜

honymoon6_4.jpg


うひょー本当にでっけーーー

honymoon6_6.jpg


さて、それでは自転車駐輪してさっそく中へ入ってみます。

中に入ってすぐの所にこれまたネットで調査済みのレストラン
「LA MERE POULARD」に入りました。
この時、開店直後だったので私たちが一番乗りの客です。

honymoon6_7.jpg


もちろん頼んだのは名物のオムレツ。

このオムレツ。まずいで有名ですが、
ここまで来るとどこまでまずいか確認したくなります。
しかも名物とか言われたら食べたくなっちゃいますよね。


嫁さんはそんな事は全く無視して「もっとおいしそうな物食べる」
とか言ってこんなグラタンとステーキのセットみないなのを注文していましたが・・・

honymoon6_10.jpg


でも私も対抗してオムレツだけでなく、
ロブスター付きのオムレツを注文です!

honymoon6_9.jpg

で、オムレツの味はというと・・・
やっぱまずいです。
この私が半分残しましたもん。

全く味はないとは言っても、
たぶんバターが大量に入っているので
だんだん気持ち悪くなってくるんですよね。

また油の大量摂取して胃が・・・

これじゃ風邪が悪化しちゃいますよね。


でもオムレツ以外の料理はかなりうまかったです。

特にこのロブスターは絶妙で本当にうまかったです。
そして嫁さんが頼んだポークステーキとグラタンも
間違いなくうまかったです!

オムレツだけがな〜〜〜〜

でも、これも思い出。プライスレスです。


実はこの店結構な値段のする店でその後、
デザートまで食した私たちは食後のレシートを見てびっくりすることとなるのです・・・

honymoon6_11.jpg


まっ
思い出、思い出。
プライスレス、プライスレス。



お腹一杯になったところで、本格的にモンサンミッシェルの中を観光です!



とりあえず、お土産屋さんを全く目もくれず通り抜け、

honymoon6_12.jpg


この山を頂上まで登ります。

honymoon6_13.jpg


頂上にたどり着くとこんな立派な修道院があるのです!

honymoon6_17.jpg


そしてそこからの眺めが絶景。

honymoon6_16.jpg

修道院の横には中庭があり、その回廊がまた美しいこと。

honymoon6_18.jpg

honymoon6_39.jpg


修道院の中は色々とあったのですが、やはり一番目を引いたのは
荷物の積み下ろしをする垂直に近い荷揚げ用ケーブル装置でした。
その荷揚げの仕組みは回転するネズミ籠方式であり、
ネズミの代わりに数人の囚人を車輪に入れて、車輪を回転させ、
車輪に連結された滑車で綱を巻き荷台を引き上げていたそうです。

honymoon6_21.jpg

honymoon6_22.jpg


モンサンミッシェルは刑務所だった時代もあれば、
その反対に修道院でもあるのですね〜

何となく複雑です・・・


さて、中の見学を終え、外に出て、お約束の自分も大天使ミカエルになります。
イギリスの小学校の修学旅行でしょうか。
小学生がここで遊んでいる中、私も混じって写真を撮りました!

honymoon6_25.jpg


因みにモンサンミッシェルはマウント・セイント・ミッシェルです。

つまり、大天使ミカエルの山って感じで、
ここでは大天使ミカエルが神様として崇められているのです。


でも、外に出て気がついたのですが、肝心のミカエル様見なかったよね?
あれ?どこにいるんだろう????

なんて会話していると・・・


いたーーーーー

honymoon6_26.jpg

ちょ、頂上にいるじゃ〜ん
そりゃそうですよね。
この神様が上から民を見守っているんですもんね。




いや〜モンサンミッシェル
なかなか想像していたより面白かったです。

ただ、やっぱり日本人観光局の数がハンパないです。
中にはツアーで団体で来る日本人もいるので、
全く海外に来た実感が湧きません・・・


結構微妙ですよね〜


まっとりあえず、私は風邪引いてるので、
この日はこれぐらいにしてホテル帰って夕飯まで就寝することにしました。


日本に帰るまでには治さないと検疫に引っ掛かっちゃいますからね〜〜〜



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by ペー at 10:09 | 新潟 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。