2008年10月24日

相川祭り

佐渡で必ず見ておかなければいけないもの、
それはやはりいっぱいありますが、
中でも相川祭だけは見逃せません。


佐渡のけんか祭りとも言われている相川祭りは
地元相川出身者が集まり、一体となる大イベントです。


佐渡の酒.com的 佐渡百選 第26弾
「相川祭り」


相川祭りでは相川町の中の、各地域がそれぞれの新興行事を行います。

例えば私が属する小六町は、隣の石扣町と共同で、
獅子組をやります。

小六町がメスで石扣町がオスとなり、
相川町の一軒一軒に、「ワー」と叫びながら入り、厄払いをします。


他にも下戸の下がり太鼓組や、大工町の太鼓組、そしてメインの神輿があります。


実は相川祭っていつも10月の18、19日と決まっており、
いつも平日なので高校以来参加していなかったのですが、
今年はたまたま週末にやることになったので、
10年ぶりの参加で行ってきました!!


もちろん私の場合は小六町獅子組としての参加です。


獅子組は主に中学生が獅子となり、
「ワー」と叫びながら家の中に入っていくので、
最終的には喉が潰れてしまいます。

しかし、中学生にはそれに見合った小遣いが入ります。ふくろ

しかも他の組よりも値段が多いため、中学生にはおいしいバイトですよね。ぴかぴか(新しい)


さてそれでは獅子組の様子を見てください。

場所はもちろんいとう酒店の店頭。

小六町の獅子組と、石扣町の獅子組が顔合わせをして、
いとう酒店の家内安全、商売繁盛、無病息災を願ったところです。




そして相川祭の醍醐味と言えばこれ!

一丁目で大工町の太鼓組と祭りのメインである神輿とのぶつかり合いです。
通称、佐渡のけんか祭りと言われる相川祭りはこのぶつかり合いがメインなのです。


ぶつかり合いの中で本当に喧嘩している人たちもいるんですよ?パンチ




私の地元相川町ではこのように血の気の多い、ガラの悪い人達もいっぱいいます。
声は大きいわ酒はよく飲むわで佐渡の中でも相川地区が一番ガラが悪いとまで言われています。

まっこの祭りを見ればよくわかりますよね?


でもその分、相川町民は情があって実はとても親切だし、
とてもフレンドリーで面倒見がよかったりします。

私はそんな相川町が大好きで、
いつも地元のことばかり考えているんですよ。るんるん

地元相川町万歳!!ぴかぴか(新しい)


さて、ちょっと祭の話からずれてしまいましたが、あせあせ(飛び散る汗)
一丁目のぶつかり合いが終わった後は、
大工町太鼓組はそのまま大工町に帰り、
神輿はそのまま春日神社へと帰っていきます。

その春日神社で神輿を収めた後、
みんなで相川町の今後の発展と、町民の健康を願って万歳をします。


その時はなんか町が一体化しているような感じで
とっても胸いっぱいになるんですよ。


これから佐渡に観光で来る人は是非相川祭に参加してみてはいかがですか?

獅子組一同お待ちしております。
shishi.jpg


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
posted by ペー at 15:40 | 新潟 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 佐渡の酒.com的 佐渡百選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私も小六町獅子組ですよ。毎年この時期は体がうずいてきます。血の気というのでしょうか。ぜひ私のブログにもおいで下さい。お待ちしております。
Posted by 獅子組王 at 2011年01月01日 12:39
>獅子組王さん

コメントありがとうございます。
ブログ見させて頂きました!

是非一緒に小六町獅子組を宣伝して行きましょう!!
Posted by ぺー at 2011年01月05日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。